競馬、競艇、スロット、パチンコ、宝くじからオンラインカジノまで。様々な記事をランキング形式でまとめます! [google-translator]

1.オンラインカジノは合法なの?

  • HOME »
  • 1.オンラインカジノは合法なの?

もしオンラインカジノをはじめるなら、まずは法律から勉強しましょう。
日本では賭博は禁止されております。
オンライン「カジノ」を始めてみようと思った人の中に「カジノが違法ならオンラインカジノも違法なのでは?」と思った方もいるかもしれません。

結論からいうと、日本でオンラインカジノをプレイすることは違法でも合法でもありません

不思議に思われた方もいるかもしれませんね(笑)
理由ここから皆さんに判りやすいように詳しく説明していきますね。
もしオンラインカジノをやってみたいと思う人は、オンラインカジノと法律の関係については必ず知っておきましょう。

①オンラインカジノには「法律がない」?

先ほど書いたとおり、オンラインカジノは合法でも違法でもありません
なぜ曖昧になっているかというと、オンラインカジノを裁く法律がまだ存在しないからです。
「法律のグレーゾーン」という言葉がありますが、オンラインカジノはまさにそれにあたります。

日本のインターネット関連の法整備は世界的に比べて遅れており、ネット上の誹謗中傷す裁く法律がないような状況です。
そんな背景もあり「オンラインカジノ」に関する法律が、まだ存在しないのです。

②日本の賭博罪とオンラインカジノの関係

①の『オンラインカジノには「法律がない」?』を呼んだ方の中で「オンラインカジノに関する法律がなくても、賭博の法律はあるんだから、違法なんじゃないの?」と考えた方もいらっしゃるかもしれません。

ここからは日本の賭博罪について、勉強していきましょう。

賭博に関する法律の種類

日本の法律における賭博罪は、大きく二つに分けられます。

  1. 【賭博罪】…………………お金を賭ける行為を禁止する
  2. 【賭博場開張図利罪】…お金を賭ける場所を提供する

ごく稀に「賭博をしたスポーツ選手が逮捕された」というようなことが報道されることがありますが、このような場合は【賭博罪】という罪にあたります。
違法カジノの経営者が逮捕されたという場合は、【賭博場開張図利罪】という罪にあたるわけです。

「海外のカジノを日本でプレイする」という特殊性

先ほど述べた法律の話からいくと、オンラインカジノをプレイすることは「賭博罪にあたるのでは?」と思った人もいるかもしれません。
しかし皆さん。考えてみてください。
みなさんは芸能人が「海外に行ってカジノをしてきた」という番組などを見たことはありませんか?

そうなんです!
先ほど説明したように日本でカジノをプレイすることは違法ですが、日本人が海外でカジノをプレイする行為は違法ではないのです。

これがオンラインカジノの法律に関する難しいところです。
そもそもオンラインカジノを運営しているサーバーは海外にあり、オンラインカジノ自体は海外の企業で合法的に運営されています。
プレイヤーは、そこのサーバーにアクセスし、日本国内からプレイできる。

つまり【カジノは海外にあり、プレイヤーは日本にいる】という状況になっています。

そこで出てくるのが、「日本の法律とサーバーのある現地の国の法律」、どちらの法律で裁く?という問題です。
オンラインカジノがグレーゾーンとなっている理由には、このようなインターネット特有の問題があるからなのです。

「日本からプレイしていれば罪にあたる」という意見もありますが、反対意見として「お金の賭けは海外で行っているし、問題ない」という意見もあります。

このようにオンラインカジノの法律に関する議論は平行線をたどっているため規制するための法律がなかなかできないのです。

当サイトではこのような状況を踏まえた上で、現時点ではオンラインカジノはプレイできると考えておりますが、「絶対に大丈夫!」と断言できない状況です。
日本からオンラインカジノを楽しむなら、「現状はグレーゾーンである」ということだけ理解してから遊ぶようにしましょう。

③「日本で運営されているオンラインカジノ」はアウト!

日本人がオンラインカジノをプレイする際に気を付けなければならないことは「海外で合法的に運営されているかどうか」です。
その際にチェックしておきたいポイントが3つあります。

  1. 日本で運営されていないか?
  2. サーバーは海外にあるか?
  3. 海外の運営で、ライセンスを取得しているか?

特に2つ目の「オンラインカジノのサーバーは海外にあるか?」は必ず注意するべき点です。
サーバーとは、簡単に言うとサイトを管理するための場所のようなものです。日本国内のサーバーでオンラインカジノサイトを運営するということは、日本でカジノを運営しているという扱いになってしまいます。
これは、賭博場所を提供する「賭博場開張図利罪」という罪にあたり、違法となるので注意しましょう。

3つ目の「海外運営で、なおかつライセンスを取得している」ことが、合法的に運営されているという指標になります。
ライセンス取得に関しては国ごとに基準が異なり、必ずしも運営が安全なカジノを保証するものではありません。あくまで法律上問題のないラインとして参考にしてみてください。

ライセンスについては、こちらのページで詳しく説明しています。
【→ライセンスとオンラインカジノ運営の仕組み

④オンラインカジノと日本の法律の動き

日本人オンラインカジノプレイヤーが摘発→不起訴となった事例について

2016年3月、日本で初めてオンラインカジノプレイヤーが摘発されるという事例がありました。

当サイトでは当初から「見せしめの為の不当な摘発」なのではないかと考えておりました。
結局この摘発は「海外で合法的に運営されているオンラインカジノを摘発できない」ため、遊んでいたプレイヤーも最終的に不起訴ということになりました。

「合法的に海外で運営されているオンラインカジノ」を日本でプレイしても起訴されても罰することは出来ない、実例となりました。

気になる方は下記リンクから詳細をご覧ください。

【→2016年3月に摘発の日本人プレイヤー不起訴確定

カジノ法案成立!オンラインカジノはこれからどうなる?

カジノが日本で解禁!?と話題になっていた「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(通称カジノ法案)が、2016年12月に成立となりました。
これから法整備など本格的に政府主導で動き出していくことが予想されます。
オンラインカジノ業界にとっては大きな前進につながるのでは?と期待せずにはいられません。

しかし、まだまだ不透明な部分も多いのでオンラインカジノをプレイする際は今まで通り慎重な行動が必要です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP