社台・ゴドルフィンも注目!Golden Horn産駒

Golden Horn
 
Cape Cross、母Fleche d’Orという血統。
2012年3月イギリスで生まれ。
現役時代は9戦7勝。3歳時に英ダービーを制覇。同年エクリプスS(GI)、愛チャンピオンS(GI)も制覇。
3歳の秋に凱旋門賞に初出走して見事優勝。次走のBCターフで2着に敗れ引退。
2015年欧州年度代表馬に選出される。2016年よりイギリスで種牡馬入りしている。
 
 
 
日本にいるGolden Horn産駒
ウエスタンマンデラの2017(牡) Western Farm
ターキッシュパレス(牡) Godolphin
マーヴェラスジーン(牝) 三嶋牧場
メートルサージュ(牡) Gestut Lindenhof
レッドエランドール(牡) 社台ファーム
ルーヴインペリアルの2018(牝) 社台ファーム
ローズトレイルの2018(牝) Godolphin
ラクレソニエールの2019(牡) 社台ファーム
 
 
昨年11月に産駒が日本でデビュー。
ターキッシュパレス号が東京の芝1600mで見事新馬勝ちを飾る。
今週レッドエランドール号が京都ダート1800mでデビュー予定となっている。
 
 
 
 
私はレッドエランドールに出資してます。
募集価格は2400万円(1口6万円)。1歳の頃から馬っぷりがよく馬格がありました。(昨年11月の計測時は518kg)
先週は栗東の坂路で2歳馬(現3歳馬)と併せて同入。併せた馬が先週勝ち上がってるので素質はありそうです。
「スタートが速いし、けいこで時計が出ている。初戦から動けると思う」(ギャロップ)。新馬勝ちも意識できます。
 
 
 
今年デビュー予定の2歳馬は2頭います。
ルーヴインペリアルの2018(牝)
ローズトレイルの2018(牝)

ルーヴインペリアル2018は昨年東京サラブレッドクラブで募集されてましたが既に満口となってます。
ローズトレイル2018はゴドルフィンの馬ですね。
 
 
 
社台ファームとゴドルフィンが導入し始めているってことは今後産駒が増えてきそうな感じもします。
洋芝とかダートが向いてそうです。東京や京都などの芝もいけるかもしれませんが、ヨーロッパ血統なので高速馬場はあまり向かないでしょう。
距離は中距離がいいでしょうね。タフな馬場になればなるほど良さを発揮しそうです。
まだ数は少ないですが今後日本でも活躍馬が出てくるかもしれないので注目して見てみましょう
目
 

【ギャンブルブログまとめ】
https://gambleblog.net/

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/gurigurikun1/entry-12564120201.html