ホープフルS回顧

2戦2勝の評判馬4頭が揃って朝日杯FSよりもメンバーレベルが高いと感じたが、終わってみれば東スポ杯2歳Sで驚異的なレコードを叩き出したコントレイルが中山に替わっても関係なしの快勝。鞍上が福永に乗り替わったのが嫌な感じだったが、まぁ内で詰まらずに良かったね(棒読み)

最初のスタンド前で行きたがる素振りを見せたが、他の先行馬を先に行かせて好位4番手を確保。完全に折り合えたとは言い難いが、前にラインベックを置いて我慢。3~4コーナーで軽く気合いを付けた程度で2番手に並び掛け、残り1F手前で持ったまま先頭。気を抜かせないように鞭を入れて追ったが、余裕を持って後続の追撃を完封。
阪神の外回り、東京とワンターンのコース形態で抜群の瞬発力を見せていただけに、中山のコース適性でどうかという指摘もあったが、早い段階でいつでも仕掛けられるポジションを取れた事で問題なくクリア。ただ、折り合い面に関しては完全にクリアしたとは言えず、皐月賞直行というローテもあるので付け入る隙はあるかも。

2着ヴェルトライゼンデは最初のスタンド前で内に潜り込んで勝ち馬の後ろに付けての中団。道中は勝ち馬を前に置いて折り合いを付けての徹底マーク。3~4コーナーで勝ち馬が進出したのに合わせて仕掛けて行き、直線もしっかり伸びてはいたが、1馬身半差を詰め切れず。
最初から相手を勝ち馬1頭に定めての思い通りの競馬は出来たと思うが、4コーナーでの手応えの差は歴然だったように現時点では完成度の差がありすぎた。ただ、ワールドプレミアと違って父がドリームジャーニーに代わったのもあるが、脚の使い方が器用でレース運びが上手い。距離が伸びても問題なさそう。

3着ワーケアはスタートが幾分甘かったし、スタンド前でゴチャ付く不利を受けて1コーナーでは後方3番手。3~4コーナーでは馬群を縫うようにして好位の後ろに接近し、直線はスムーズに外へ持ち出せたが、エンジンが掛かったのは坂に入ってから。
序盤の不利で本来よりも後ろのポジションになってしまったのと追い出しにスッと反応出来なかったのが1、2着馬との明暗を分けたが、3~4コーナーのコーナリングはスムーズ。本質的には東京向きだが、内回りをこなせる下地はあるように思う。

ラインベックはスタンド前のゴチャ付きの原因となった行き脚の速さで、スタンド前で若干掛かりかけながらも2番手の外目。道中の折り合いは東スポ杯よりも付いてはいたが、3~4コーナーからモタついて勝ち馬に交わされた段階ではズブズブに沈みそうな手応え。寧ろ、直線は良く4着に残ったと言えるしぶとさ。バテてはいないが、ちょっと乗り難しさが出ている。

オーソリティはスタンド前のゴチャ付きの不利を被って好位置を取る事が出来ずに後方集団の外目から。折り合い自体はそれなりに付いたし、4コーナーでは2着馬の外へ被せて進出と見せ場は十分だったが、終始外を回らされた事で直線坂下で苦しくなって伸び切れず。消化不良な内容で情状酌量の余地はある。

上位人気4頭の争いになると思ったので馬券は普通に取れたが、買った時は7倍位付いていたのに5.8倍にまで下がっては対して儲からず。まぁベテルギウスSの3連複も取れたし(最終レースは両方外したが)、有馬の負けはある程度回収出来た。ローリスクハイリターンの東京大賞典は自重して来年の金杯に備える事にするw

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

【ギャンブルブログまとめ】
https://gambleblog.net/

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へご連絡ください。http://mayanotopgun2108.blog.fc2.com/blog-entry-3441.html