菊花賞・◎○▲で3連単2万3510円の万馬券的中!

読者の皆さま、こんばんは!
こちらはUMAJIN編集部です!

本年も熱戦が繰り広げられた菊花賞!

優勝したのは、キャリア5戦目でGⅠ初挑戦ながら、水曜ブログでは石井TMから『馬が見違えるほどの急成長で大幅に良化』と報告され、代表岡井の本命でもあった3人気の▲ワールドプレミアです!

内でしっかり脚を溜め、最後の直線で瞬時に抜け出すレジェンド武豊騎手の手綱捌きが光りましたね!
これで武豊騎手は“昭和”、“平成”、“令和”の菊花賞制覇とまさに空前絶後の記録達成となりました~!

そして、特質すべきは追い切りブログでおなじみの栗東R氏が、鋭い動きを評価し、昨日の【競馬サロン】で8番人気ながら対抗大本線に抜粋した○2着サトノルークス!

 

R氏は『ひと夏を越したセントライト記念で勝ち馬から、コンマ3秒差の2着。追い切りの動きも鋭かった。切れるタイプではなく、長丁場でも、母の父がサドラーズウェルズで、スタミナも豊富。春のクラシック惨敗の鬱憤を晴らす構え』と評価し、見事期待に応えてくれました!

 

1番人気で惜しくも3着だった◎ヴェロックスとの組み合わせは◎○▲の大本線の決着ながら、3連単では2万3510円の万馬券的中!

上記コラムを参考にガッチリ万馬券的中を手にされた読者の皆さま!
改めまして誠におめでとうございました!!

さらに本日は山田が京都7Rにおける3連単4610円的中!渡辺壮は新潟6Rの馬連950円的中!小笠原は土曜に京都6Rの馬単1150円的中!

 

代表岡井も昨日に新潟7Rにて馬連1420円的中を始め、

本日の【単複推奨馬】では新潟開催において、複勝回収率210%を達成!

 

現地観戦の際、無類の勝負強さを発揮しておりますが、東京開催でも4Rで単勝1680円の1着フィオリを指名しており、単勝回収率は420%と、さらに倍の回収率を記録!!

 

先日の火曜開催でも単勝1780円で1着のタイセイポリシーを推奨しており、4回東京開催トータルでも単勝回収率138.4%とプラス街道を驀進中です!

 

 

そんな岡井の推奨馬が無料で見られる【競馬サロン】では先週の台風で順延となった月曜東京開催の予想&推奨馬を今夜アップ予定となっております!!!

 

 

平日でも馬券にチャレンジする時間がある方は是非チェックしてくださいね!!
 

 

これらチームUMAJINの勢いをそのままに、いよいよ翌週は今秋GⅠシリーズ前半の大トリとなる天皇賞を迎える事となりますが、本日もブログの最後には人気薄でも買い目に入れるべき馬を発表致しますので、こちらもお見逃し無きようお願い致します!

さて、ここからは今後の的中に向けて菊花賞のレースを振り返り、次走の狙い馬を定めておかなければなりません。

まずは優勝したワールドプレミア。
スタートから促して、今まで違って中団より前のポジションへ。1000m通過1分2秒4と比較的落ち着いた流れの中、馬込みの中で折り合いをつけ、直線では内ラチが無くなり空くスペースを図ったように突いて早めに抜け出して押し切りというレースぶり。京都のコースを熟知した武豊騎手ならではの手腕が冴え渡りました!馬の方もパドックでまだイレ込むところがあり、成長の余地を残す段階でこのパフォーマンスですから、来年はもちろんですが、この秋古馬と対戦したとしても十分太刀打ちできるのではないでしょうか!

 

2着のサトノルークスは外枠で終始外を回る厳しい形で、しかも4コーナーでトモを滑らすアクシンデント。枠順が逆ならこちらが勝った可能性があったとも思わせる内容でした。勝ち馬同様に秋になって成長してきたディープ産駒で次走もレース問わずに重い印が必要でしょう。

 

1番人気で3着に敗れたヴェロックスは馬込みの中で運べたものの、前走時同様に行きたがる素振りを見せていました。そのため、直線で伸び切れなかった印象です。春とは違って前進気勢が出てきたので、2000m前後の距離で見直しが必要です。一方、直線で突き抜けそうな勢いで止まった7着タガノディアマンテも距離が長かったクチ。この2頭については、折り合いのつけにくい外枠でもあったので距離短縮でぜひ見直したい馬です!
 

以上がレース回顧となりますが、皆さんもぜひチェックしておいて下さいね!

さて、ここからは、代表岡井のコメントをご覧ください。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日はリアンちゃんの応援に新潟競馬へ駆け付けるも、ややスタートを立ち遅れ、後方からドスローの展開にもはまり競馬にならず。

参ったのう…

馬券的にも本日期待の一鞍であり、本線のワイド以外にも色々勝負したが全滅じゃ。  

応援して頂いた皆さまには申し訳なかったが、次走はきっと一変してくれる馬だと思うのでまたのご声援を宜しく頼むわい。

そして迎えた菊花賞!
俺の本命◎ワールドプレミアは快勝し、ブログの見解通り人気のヴェロックスを見事に逆転!!

と、完璧だったのはココまで(T_T)

やはりヴェロックスは、外目の枠が響いて、より決め手を削がれた感じの3着止まり。

穴人気になっていた上がり馬のヒシゲッコウ、ホウオウサーベルを買い目からバッサリ切ったまでは良かったが、2着に食い込んだのが、より外めの枠にいたサトノルークスとはのう…

脱帽じゃ。

唯一、馬券を度外視して嬉しかったのは、本日340キロの出走となった小型くん。メロディーレーンが瑠星を背に5着に大健闘した事かな。

いずれにせよ、これで今秋GⅠシリーズは通算3戦2勝。

この借りは、シーズン突入前より星勘定に入っていた自身みなぎる翌週の天皇賞・秋でしっかり回収したろかい!

あすの代替開催も負けられんで〜!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

との事でした。

明日もそうですが、とにかく揺るぎない自信を誇っている天皇賞で岡井の大勝負にご注目頂きましょう!

最後とはなりますが、ここで天皇賞における穴でも買い目に入れるべき馬の発表です!
その馬とは、栗東・友道厩舎のユーキャンスマイル!

前走の新潟記念では3歳春以来の2000m以下のレースでしたが、流れに難なく対応し、上がり33秒6で差し切り。走破時計も1分57秒5と優秀でしたし、中距離の適性を見せるには十分の内容でした。異例のローテではありますが、過去にオフサイドトラップが新潟記念→天皇賞(秋)と連勝したこともありますし、菊花賞をワールドプレミアで制覇した友道厩舎。夏を境に急成長した今なら超強力メンバー相手でも厩舎の勢いに乗って馬券圏内に食い込む余地は十分あり得るとみます!

読者の皆さまも、ぜひ覚えておいて下さいね!

何はともあれ、翌週の天皇賞が終われば、読者さまが、例年秋シーズンの中では一番の的中ラッシュに沸いて頂く11月のGⅠ戦を迎えて参ります!

秋GI3連勝を飾って、本年もチームUMAJINは準備万端です!
エリザベス女王杯・ジャパンCを筆頭に、2歳重賞や砂の重賞にも大きなご期待をお寄せ頂きましょう!

それではまた!

 

 

 

★「競馬サロン」リニューアルOPEN!★

※代表・岡井を筆頭に、精鋭予想陣の買い目を無料公開中!

 

▼岡井の渾身予想は以下バナーをタップ

【ギャンブルブログまとめ】
https://gambleblog.net/

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/uma-jin/entry-12537689787.html