キャロットを 33頭申し込んだ男

(身内ネタのため、適宜読み飛ばしてください)

 

昨晩は、身近な友達の士業の先生と、恒例のキャロット検討会を実施した。

 

オブザーバーとして、年間2頭でダービーを取ったレイデオロ持ちのT氏と、一緒にシルクツアーに

同行する友達兼相馬アドバイザーの2名が、参加してくれた。

 

 

カンパーイ !!

 

 

 

筆者 「・・・それで、先生。いきなり本題に入るようで恐縮ですが、今年は何頭に申し込んだのですか。

どうせ、今日の会を待ったりはしてないでしょう。」

先生 「ええ、待ってないです(笑) 。今年は確か、33頭を申し込みました」

 

筆者 「・・・・・・・少し、寂しいですね。一昨年36頭、昨年は39頭で、今年は40台を期待していました。

読者の方も、残念がると思います・・・。」

 

先生 「・・・何の話ですか (苦笑) 」

筆者 「・・・いや、意外と人気なので、この企画は・・。でも、後2日もありますから、これから7頭を

追加してくれますよね (笑)。 」

先生 「・・・しませんよ(苦笑) 。多分、最終的には8頭くらいに着地すると予想しています」

 

 

 

筆者 「それで、×なし最優先は何にしたんですか」

先生 「・・・関東のディープ牡ですね。」

筆者 「手堅いところですね」、 T氏 ※ 「いいじゃないですか !!」  

※T氏は、キャロット一筋の、藤沢和先生の信奉者である。

 

 

筆者 「関東のキンカメ牡とディープ牡が、渾身のエントリーでしょう。そこは、筋(スジ)でしょうね・・・」

先生 「ラドラーダは×なしで全く無理ですし、もう片方にしました」

筆者 「他クラブのディープを見ていると、差が大きくて遺憾なので、ソコに行くのは躊躇しています・・・」

 

 

先生 「で、(Tさんは) 当然母優先のラドラーダを申し込むんでしょ ?」

T氏  「・・・いや、今年は1頭も買わないで、何とか×2にする事だけを考えています。」

一同 「えーっ? 何かあったんですか !?」

 

 

(話を整理していくと)

 

T氏のお家では、結婚後も私書箱を作ってキャロットを続けていたが、この度はキャロット継続が

奥様に判明してしまい、強制退会の寸前まで追い込まれたとの事だった。

強制退会とは、クラブからでも自分からでもなく、嫁さんからの強制である。

 

しかし、ギリギリの交渉で、レイデオロが引退して配当が入ってくるまでは、退会を留保できた。

「今のタイミングで、1頭でも買ったら大変なことになる」との話だった。どうにも、お手上げらしい。

 

 

 

 

筆者 「・・・・くっくっく(笑)、・・・うちの嫁も怖い時は怖いから、気持ちは良くわかる。しかし、それは

奥様にも理解がないね。いかに勝ち組なのか、自分から奥様に説得してあげようか照れ?」 

T 「やめてくださいガーン

筆者 「一口出資といっても、母ラドラーダは有価証券だと思うよ」

先生 「こんなにお金のかかる金融商品は、他にはありません(苦笑)。希少ですよ」

 

 

相馬アド 「ここで、スマホでキャロットのHP出してくれたら、我々が代わりにポチってあげますよウインク

筆者 「そう。そしたらもう、酔った俺らのせいにしてもらって、構わない。君は悪くない」

T 「今年は絶対にやばいんです。今は×1なんですが、申し込まないと×1が消えてしまうため、

何とか×2に持ち込んでおき、来年の家庭内ラウンド交渉で、継続への望みを繋ぎたいんです。

但し、今年は意外と分散していて、×2が出ない気がします↓。アディクティドが×2にならないか・・」

 

 

先生 「・・・それなら×2目当てで、ラドラーダに一般枠での申し込みはできないんですか?」

T   「ラドラーダに一般で申し込んでも、母優先枠に整理されるので、入る可能性が濃厚です」

筆者 「くっくっく(笑)、そんな複雑な事は考えたこともないので、勉強になりました。」

一同 「しかし、片方で33頭も申込しているというのに、本当に羨ましい限りです (涙)」

 

 

相馬アド 「・・・それで、(筆者は) 何を最優先にしようと思っているんですか」

筆者 「・・・ここでの意見を聞いてみたいんだけど、シーザリオ、、、はどうかな?」

 

 

T氏 「・・・うーん、何とも、、、って感じですかね、、、」 

相馬アド 「モーリスって、やはり晩成懸念があるから、クラシックとかではなさそうかな。未勝利を

産駒が勝ち上がるのに苦労しそうな気はする」「カーネギーとかサドラークロスも重そうだし・・」

T氏 「母優先の申し込み口数が、異様に少ない気がしますね・・真顔」 (うーん、なる程・・・)。

 

 

筆者 「ネットではモーザリオと書かれていたりする。自分は良い方かなと思ってるんだけどね・・・・」

一同 「おー、モーザリオ !! (笑) 」

先生 「・・・意外といい名前じゃないですか(笑)、俺、嫌いじゃないです !! 」

 

筆者 「海外走って、「ジャパニーズ スゥパスター、モーザリオゥ!!」とか呼ばれて欲しいよ (夢) 」

一同  「モーリス産駒は、全部前に「モ」を付けたら、意外と人気が出るんじゃないですか?」

筆者 「そうだね、モンハライトとかモラーメンブラットとか、とにかく「モ」印でも頑張ってほしいね。」

 

(強制的に終了)。

 

 

 

相変わらず、全然まともな検討会にはなりませんでした(苦笑)。

自分も先ほどからツアー動画を見ていて、思案しております。

 

皆様が良い馬に当たりますように、祈念しています照れ。Good Luckグッ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/umaumawahaha/entry-12524242121.html