トップレーサー、津幡町に来たる。

トップレーサー、津幡町に来たる。

2017年11月11日 20時53分00秒 | 賭けたり競ったり

本日(2017年11月11日)、予定通り「ミニボートピア津幡」にて、
「石野貴之(いしの・たかゆき)トークショー」が行われた。

場内はなかなかの賑わい。
ボートレース芸人「永島知洋」氏のMCによって進行され、
また、1ヶ月あまりに迫った「グランプリ」への意気込みや、
その舞台となる「住之江競艇場」の水面特性、選手の裏話などが披露された。
関西人らしく軽妙洒脱なトークが冴え、笑いが絶えず、
また、ファンサービスにも細やかな気遣いが感じられ、終始温かな雰囲気だった。

「石野選手」…競艇ファンにはお馴染みだが、
拙ブログをご覧の諸兄姉においては、ご存知ない方もいらっしゃるだろう。
無理もない。
わが愛する「競艇」は、野球、サッカーといったメジャースポーツではなく、オリンピック競技でもない。
そこで、改めて紹介してみたい。

登録番号/4168番。
登録期 /90期。
年齢  /35歳。
2002年デビュー以来、G1、SG共に6度制覇。
2017年は、これまで1億800万円あまりを稼ぎ出しランキング1位。
手堅いレース運び、勝率の高さから付いたニックネームは“石野信用金庫”。
ま、要するに「スゴイ選手」なのである。

年末の大一番「グランプリ」には、3年連続の優出。
6着⇒3着⇒2着の成績を残してきた。
いよいよ戴冠かと思えるが、その未来を想像するのはまだ早い。
決戦は、まだ始まっていないのだ。
<!–

–>


コメント
  この記事についてブログを書く

賭けたり競ったり」カテゴリの最新記事

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/romaniaramochan/e/facecd00cd77e354f358bc0d1059c8f2