YouTuberへのハードルがいきなり上がりすぎてる件}

YouTuberという単語は皆さんすっかり聞いたことがあるだろう。
YouTubeに動画をあげ、Googleから許可をもらって広告をはり、
視聴回数によってもらえる広告料で収益を上げている人たちの事である。

まあただの動画がどんどんお金を生むとしたら、それはもう夢のようなお話だし、
小学生の「なりたい職業」でランクインするのもうなずける。





ただ実際にこれをやってみると、
酷い位にお金にならない事が良く解る。

ひそかにご存じの方いるかもだが当方もYouTubeのチャンネルを作ってたりする。
まあ趣味のレベルの物であり、個人で獲った動画を垂れ流す程度なので、
よほどのスリアロ村好きあたりがたまに見る程度かと思うが。

別にそれは良い。
自分だけの裁量でこなせるレベルの少ない手間でコツコツ動画をあげて、
見たい人が見てくれればOKというレベルでありツイッターに写真張ってるのと個人的には同じ位に考えている。
ただどうせやるならちょっとでも小銭になればいい、位に考えて広告は張るようにした程度である。

知らない人への前提として、
当ブログに張っている広告も、YouTubeへの広告も、大元は同じGoogleAdsenseという広告配信サービスが管理している。
既に当ブログで広告申請が通っていた事もあり、YouTubeへの広告張りもたやすいものであった。
なのではした金ではあるが、アップしている動画でコツコツ小銭をためる生活をしていた訳である。

ちなみに、本当に「はした金」である。
どれくらいかというと、当チャンネルに動画をいくつか挙げて、再生回数が合計で1.5万回程度の安いものだが、
トータル収益は●00円とかその程度であるw

もうお金にならなすぎてビックリw
GoogleAdsenseにてブログに張る広告はワンクリックで平均数十円程度なので、
動画収益トータルでブログ数日分程度とかだったりする。

まあ大した労力かけずにダラダラした映像あげてるだけなので文句は無い。
上述の通り、個人でできるレベルを越す気はない、あくまで趣味の一環だし。
ただ世の本気でYouTuber目指してる人たちは色々と苦労してるだろうし手間かけてるんだろうなあ、とか思う程度。それでも「現実って厳しいw」と思っていた。

が、ここから更に自体が進展(?)する。
上述の通りYouTubeに広告をはるにはGoogleAdsenseの許可が必要なのだが、
一方で自分のチャンネルが「YouTubeパートナーシップ規約」を満たしていなくてはならない。

これは簡単に言えば
・チャンネル登録者数
・過去再生回数・時間の合計
あたりがある程度に行ってないと、収益化がみとめられない、という規約である。

当然と言えば当然。大した視聴者もいないサイトに小銭を払うほどGoogleもバカじゃないわけだ。
がこの規約、昨年まではそんなに厳しくもなかった。
合計再生数1万回とかで、僕のトコみたいな小さいチマチマしたチャンネルでも、一応は対象になっていたのである。

それが今月2/20をもって、おおきく規約変更となったのである。
一番解り易い変更点以下
・チャンネル登録者数
従来 規定なし
変更後 1000人以上



見た瞬間に「100人の間違いじゃないの?」と思った。
こんなの個人がやってるテキトーなサイトで満たせるわけがないレベルであるw

「思い切ったなあ・・・・」と思いつつ、
まあ個人規模のチャンネルはもう広告としての意味が薄いから今後お金は出さない、
というYouTube側の態度が明確になった、ともいえる。

いやしかしびっくりだね。
もう満たすために頑張る気もうせる人が多いのではないだろうか。
ちなみに現在僕のチャンネルの登録数が100人くらい。
無理w
毎月の小銭(数円~数十円)がなくなる位、痛くもかゆくもないけどw

まあ改めて
当動画チャンネルは僕が個人でできるレベルの範囲でテキトーな動画上げてるサイトなので、
収益対象じゃなくなったから続けるのやめる、とかはないw
今後も自分に負担がかからない程度にやる予定。
スリアロ村とか好きな人は、とりあえずチャンネル登録しておいてくれると、ちょっとうれしいです。
気が向いた方は下記リンクより是非にw

https://www.youtube.com/channel/UCRbYgutp1d2OdcwNU0N2d6Q



というわけで、
「YouTubeさん、いきなりハードル上げすぎでしょ・・・・」
という雑記でした。
まあ僕はどうでもいいんだけど、
チャンネル登録者数が数百人とかいて、これからどんどん収益化を目指そう!とか考えてた人には厳しいのかもなあ^^;

いやね麻雀業界ってお金ないし、
麻雀プロってそれだけで生計なんか成り立たない人が大半の中で、
多少なりともの小銭をどうやって作るか、って点で色々と試したいとは思いつつ、
色々見てみるほど現実の厳しさを知る(ぼやき)w

こちらの記事はhttp://susumutakenaka.blogspot.com/2018/02/youtuber.htmlより引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。