Mリーグ元年が終わり、2019年度が始まった}

昨日、
2018年度最後の麻雀界を大きくわかせた話題と言えば、
Mリーグ初年度の終了、
多くの業界関係者が夢に描いてきたこの大舞台の実現、
そしてその中で優勝したのは赤坂ドリブンズ(園田賢、村上淳、鈴木たろう)、
改めておめでとうございます。
https://mahjong.abematimes.com/posts/5982727



このMリーグ元年、
多くのスポットライトがこの麻雀業界にあたり、
多くの芸能人・著名人がこのMリーグを注目してくれて、
昔から知ってる多くの選手がスポットライトを浴びた一年、
特に園田は長い間この業界にて中々に注目を浴びない期間が長かった姿を見てきただけに、感慨深い。
僕がこの業界に入って今日でいよいよ17年目、
こんな時代が来た事が本当にうれしい。

もちろんまだ業界が多くの課題を抱えるのも事実。
Mリーグは言うなら、この麻雀協会にいきなり現れた夢の離島みたいなもので、
この業界自体の大部分はまだそれと深い溝を持ってる部分もある。

ハワイとアメリカ?
シンガポールとマレーシア?
ガリバー旅行記に出てくるバルニバービ王国とその空中要塞ラピュタ?
いずれにしてもそんなMリーグと麻雀業界の溝を少しずつ埋めていければ、
この業界にいる多くの人に課せられた重要なミッションなんだろう。
これは僕含めて多くの関係者にとって他人事じゃない。

んでさ、
今日は4/1という事で、
こんなネタをtwitterに投下してみた。

https://twitter.com/s_takenaka0821/status/1112512555828731904



まあ個人的には、
「エイプリルフールらしく解りやすいウソでも一つ投下するか」
とか思ったのですが、

知人からラインは来るわ、
ツイッターで拡散されるわ、
協会の友人にも問い合わせがあったらしく注意食らうわ、
世間には全くもって冗談っぽく見えなかったらしい(^^;)

まあ、
ちょっとだけ申し訳ないと思いつつ(4/1だしあんま反省してるわけではない)、
一方でこれがあまり冗談に見えなくなったという事実、
麻雀界が大きく変わった事が実感できる事実が多少なりとも嬉しい。
5年前なら「アホか」で一蹴されただろうな・・・・

さて、
いよいよ2019年度も始まった。

残念ながら日本テレビでの放送は無いけれど、
僕も今年はいくつか放送対局出る勝負の年、
少しでもこの業界を盛り上げるのに貢献したいですね。
いい勝負作りたい。もちろん勝つという結果付きで。

・・・いや色々と憂鬱な点もあるけど^^;
なんせ相手が相手なだけに。



Mリーグねえ、
さっき書いたように、
僕から見てMりーぐは遠く離れた孤島の様に見えます。
どうしたらたどり着けるかなんて見当もつかない。
「目指す」と言われても・・・ってレベルで。

でも僕が「目指してない。無理だろ。」なんて言ったら、
この業界に夢を見てる多くの若手になんか申し訳ない部分もあるので、
まずは頑張ってベストのパフォーマンスで夢の舞台を見据えていきたいと思います。
2019年度、やったりますかね。

ちなみに、
そんな感じの意気込みを先日協会チャンネルでもちょっと話したので、
お時間ある方BGM代わりにでも是非^^;

こちらの記事はhttp://susumutakenaka.blogspot.com/2019/04/m2019.htmlより引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。