8/21はウサイン・ボルトの誕生日であり}

そして私の誕生日でもあるわけです。
おめでとう俺!!

今日で37歳ですよ。
もはやアラサーでもないアラフォーですよ。
早いなあ・・・・

思えば日本プロ麻雀協会に入った時、
僕は22歳でした。まだ大学5年生。

まあ入ったきっかけは、
大学の単位が1単位足りなくて留年する事になり、
その一年で何かやりたいと思い、
麻雀プロに興味持って、
当時僕の高校の同窓生が日本プロ麻雀協会に入ったのを知って、それを追い門をたたいたんですよ。

それからもう15年。
そう考えると僕の人生、
留年した1年で思った以上に方向性が狂ったわけでw




・・・と数年前までは考えてたんですけどね。
最近は「多分そのときにプロにならずとも数年後にはなってたんだろうな」と思う。
まあそう考えると、良かったのかもしれない。
だって大浜とか宮崎和あたりが自分の「先輩」になってる姿とか、
精神衛生上あんまり想像したくないしw

で、ちょっと学生時代を最近思い出したんですよ。
僕は高校2年生時に麻雀にどっぷり嵌りだしたんですよね。
当時まわりの友達もはまりだして、それにのせられて。
ただ大学に入る時に「麻雀やめよう」と試みた。
このゲームに10代、20代の多くの時間を費やすとか想像したら寒気がした、というのが正しかった^^;
もっと色々な友達を作りたい!と思って、麻雀と全く関係ないところに人脈作った。
今考えると良い体験をした時期だったと思う。
でも一方で「楽しかったか?」と聞かれると微妙な時期でもありました。
実際、学生時の人達とは今ほとんど連絡とってません。
「あんまり価値観が合わなかったのかもなあ」と今でも思う。

その頃、周りの人達と会話してて「俺って変ってるのかなあ」と思う事は多かった。
実際僕は奇異な存在だったのかもしれないw
でも麻雀プロになって数年たつと、女性も男性も自分と同じような奇異な人がまわりにゴロゴロいて、気付いたら自分が「普通」になってて、「人生って面白いな」とちょっと思った。

学生自体の知人とかからみたら僕の人生どう見えてるんだろうか。
「変ったヤツだったけど、大人になっても変った生活してる」って見えるのかな。
本人には良く解らんですが。

まあ改めて、
36歳の1年間も充実した良い1年でした。
色々な人に出会えたし、色々な経験も出来たし、
37歳の1年間もっとより良い物にしたい。
・・・・とこの年で思える事がちょっと嬉しく感じた誕生日でありました。

今年の目標はまあ特に変らず、
「できる事からコツコツと」ですかね。
麻雀も人狼も色々勉強したいなあ。特に人狼は伸びしろしかないレベルなのでw

まずは最終節目前のリーグ戦を最高の形で締めくくりたい。
これは「願望」なので「目標」ではないですがw

改めまして皆さん今後ともよろしくお願いいたします。

こちらの記事はhttp://susumutakenaka.blogspot.com/2017/08/821.htmlより引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。