3人目の最高の最強位(いや最強の最高位か?)}

例えば麻雀プロになった人がいるとして、
その目標を聞かれたときに、
「MONDOに出たい」という人はいるかもしれないが、
「MONDOで優勝したい」という人は多分いないと思う。
一方で
「王位戦や日本オープンとかのタイトル戦で優勝したい」という人はいるかもしれないが、
「王位戦や日本オープンとかのタイトル戦の本戦に出たい」という人も多分いない。

麻雀プロが出る「対局」というのは大きく分けて
・出場する事(選出される事)が難しい物
・優勝する事が難しい物
の二つに分類されると思う。
無論どっちの対局も目指すものは「勝利」だが、
前者は出れる事自体が名誉なわけで、それこそが最大の難関なのである。



そんな中で「最強戦」の位置づけは、2018年現在この両方の特色を持った希有な物ともいえる。
数多くのシード枠、ベスト16に出るにはほぼほぼどれかのシード枠に選ばれなければいけない事を考えると、MONDOに近い性質の物である事は疑いようがない。

一方で一応プロ予選等もある。
その通過確率は一般的なタイトルに比べて紙のように薄いが、
当協会の近藤千雄が2年前にそれを通過して優勝したように、
本当にわずかの可能性に賭けて予選に多数のプロが毎年出ている。

だがやはり最強戦は「メディア向け大会」という性質が強いのも事実、
プロになって数年が経過した人にアンケートを取ったとしたら、
このタイトルは多分モンドやRTDと同列の「出る事が名誉」という方に分類されるのではなかろうか。

ちなみに最強戦は創設から現在まで大会形式も大きく変わっている。
僕がプロになった年およびそこからの数年は、一般店舗予選で勝ち上がった人達とプロ予選勝ち上がり者やシード者を含めた100名超がワンデー大会を行って優勝を決める形式だった。
一般店舗予選にはプロも出れたりした。
初めて僕が大会運営を手伝いしたのもこの全国大会、
そしてその時に優勝したのが鈴木たろう、
オーラス四暗刻で大逆転をした時にギャラリーの喝采とあの空気は今でもよく覚えている。



とまあ色々と書いたが、
それでも現在最強戦が麻雀界で一番メディアに大きく注目される大会であり、
麻雀界でも1番の名誉とされる大会であること、これは疑う余地は無いと思う。

そしてそんな最強戦、今年は現最高位の近藤誠一さんが優勝となった。
既にメディアで取り上げられている通り、最高位の最強位というのは故・飯田正人さん、張敏賢さんに次ぐ3人目の快挙である。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00010009-abema-ent.view-001



せっかくなので過去にそれを達成された二人についてちょっと触れたい。
故・飯田正人さんが優勝したのは第6期、
だがそれよりも有名なのはその前年に決勝卓で飯田さん・小島さんが雀鬼会の山田英樹さんに敗北した事、
そしてそれにより2年連続で雀鬼会に優勝をかっさらわれた事で、竹書房が「プロ否定宣言」をした事だろう。
本人も麻雀プロとしての自分にかなりの葛藤を覚えた前年からのリベンジとして有名な話である。
http://ch.nicovideo.jp/mahjongsaikyosen/blomaga/ar641864



が、個人的にはこれよりも張敏賢さんが優勝した第19期の方が印象深い。
まあこの年に僕は運営で会場いたから当たり前なのだがw

この年、
決勝卓でオーラスまでリードをしていたのは、現在は最高位戦に所属している鈴木優さんだった。
それをオーラス親番の張さんが123の三色による12000直撃で逆転して優勝するのだが、
この手筋に切り込んだ張さんの姿に、場にいる多く人がただただ息をのんだ空気を今でもよく覚えている。
張さんは勿論だが鈴木さんの手筋が本当に見事だったのもあり、個人的には映像として残ってないのが惜しいくらいの名勝負である。
あまりに感動して、終わった後に張さんは勿論だが鈴木さんにもお声がけしたっけ。
当人たちは覚えてないだろうけどw

そして今回、
麻雀界の代表として決勝卓でその責務を全うするかのように堂々の優勝をした近藤さんである。
いや見事だった。
やっぱりハイライトはもう東1局かな。うん。



ちなみに決勝卓には第一回最強戦の優勝者である片山まさゆき先生もいた。
先生が優勝した時は一般予選もいっさいなく、メディアが選出した十数名だけで大会が行われている。
そして優勝となれば板川和俊さん以来史上二人目の複数回優勝者だったが残念ながら実らずでしたね。
個人的には金の連覇を期待してたけどな~、、、、
まあいずれにしても関係者の皆様今年もお疲れさまでした。
来年はどうなるか、今から楽しみになるようなそんな一日を今年も楽しませていただきました^^

気になる方はこちらから是非に^^
そして近藤さん改めておめでとうございます。
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/Ab3hzceA9rSK4K

こちらの記事はhttp://susumutakenaka.blogspot.com/2018/12/3.htmlより引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。