鈴木たろうの相変わらずっぷり}

日本プロ麻雀協会今期Aリーグ第九節の寸評がアップされていたのだが、
たろうさんの打ち方が相変わらず色々な意味ですごかった。。。。

http://npm2001.com/jannou/jannou-a.html



※以下一部抜粋
オーラス。以下、各家の持ち点。
東家 21000
南家 23500
西家 24900
北家 30600

ここで東家ののたろうが5巡目聴牌
四五④⑤244555777 ツモ六 ドラ⑦

皆さん、これどうしますか?
どうも何もリーチしかない、という方も多くいるはず。

しかしここからたろうさんはダマテンにし、
三順後に⑥ツモって4切ってフリテンリーチ
四五六④⑤⑥4555777 ドラ⑦

「相変わらずだ」と思ってしまった。
まあトータルポイントをさらに磐石にするならこの選択は無くはない。
ただそれでも既に充分形のこの手、
それでも「5巡目ならもっと稼ぎたい」と考える思考、
従来の戦略にとらわれない発想、
そして強欲さ

「色々と変ってないなあ。いや細かい部分は常に変えてるんだろうけど」
とか思ったわけだ

「聴牌だからといってあがらなきゃいけないって法律はない」
「固定概念にとらわれるのはまだ研究が浅い証拠」

昔からたろうさんが言ってきた言葉の一つである。
上記の寸評を見て、「そういや昔セットしてて凄い見逃しされたことあったなあ・・・」
と思いSNSを久々に開いて検索してみたらちょっとした記事もあった。
せっかくなのでこの日記の最後にはっときます。興味ある人はよんでください。

まあしかし、今年も決勝でたろうさんの勇士が見れるのは楽しみだ。
去年の決勝が終わった時、
僕は正直に「こんなに悔しそうなたろうさんは初めて見た」と思った。
本人と後に話をしても、相当に堪える敗戦だったのが本当に伝わってきた。

いつものらりくらりとした態度のたろうさんだけど、麻雀に対する情熱は誰よりも熱い。
今年の決勝にかける思いはかなりの物だろう。
期待したい^^

【以下、過去のSNSより抜粋したたろうさんの狂人っぷり】

南3局
東家 俺:33000
南家 たろうさん:21000
西家 たっちゃん:6000
北家 いっちー:40000

8巡目 
四四五六七②③⑤⑥⑥⑦⑦⑧ ドラ七

まあリーチしますよね。
トップ目で仕掛けていたいっちーだったが、このリーチを見て後退。
たっちゃんも現物メインでオリ気味。
そして突っ張ってくるたろうさん。
うーむー、張っているのか?現張り?
「張ってますか?」と聞くと満面の笑顔を返される。

そして終盤に差し掛かろうと言う所で俺が引いたのが四。
会社が違う!!つーか当たったりするか??
だが、俺がツモ切るとたろうさんは微動だにせず次のツモへ。
セーフ!!!

するとたろうさん
「リーチすればいいんでしょ!」
ツモ切りリーチを敢行。

つかめやボケ!との願いもむなしく数巡後に俺が一を切ると

「ロン」

二三七八九(1)(1)112233 ドラ七

・・・・(´・ω・`)
あの、、、、
それ四も当たりだったんじゃ
3900で勘弁してもらえませんか???
※ちなみに一四は特に現物でもない。

 「こうした方が面白いでしょ?」
満面の笑顔で答えるたろうさん
「でもツモ切りリーチでいっちーが出してくれるの期待してたんだけどな〜」
さらに満面の笑顔で答えるたろうさん






たまたま店の中にサンドバッグが置いてあるところだったので、
「たろうくたばれ!」と右ストレートを数発かまして店を出ました。

おしまい

懐かしくてちょっと読んでて切なくなった日記でありました。

こちらの記事はhttp://susumutakenaka.blogspot.com/2017/08/blog-post_31.htmlより引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。