第17期雀竜位決定戦がいよいよ始まる}

今期の雀竜位A級も1/13(日)に終了、

ついに決定戦にて雀竜位を争う4名が決定いたしました。
とうわけで、
改めて第17期雀竜位決定戦のメンバー4人を紹介したいかと。
ちなみに去年も似たような記事書いてるので興味ある人はそっちもどうぞ。
●No1
・名前:江崎文郎
・デビュー:13期後期
・所属:B2リーグ
 ・主なキャリア:第15期、16期雀竜位、 2015 最強戦全日本プロ代表決定戦優勝
・その他:
去年の王者であり現在2連覇中の現雀竜位。
打点重視の重厚かつシンプルなスタイルで狙うはもちろん協会史上初となる雀竜位3連覇の偉業。
そういや約2年前の初戴冠の時にちょうど彼女と別れたらしいが、現在どうなってるかは不明。
●No2
・名前:吉田航平
・デビュー:14期後期
・所属:C2リーグ
 ・主なキャリア:
・その他:
今回一番のダークホースという言うべき存在の男。
決勝初出場だろうし、ニコ生対局もひょっとすると初経験なのではないだろうか。
近年はネット麻雀(天鳳)で名を馳せてる若手も多いが、彼はそういうタイプでもないらしく、とにかく麻雀については未知数。決勝でその真価を見れることでしょう。

ちなみに協会の吉田は彼を含めて4人。結構多い。
いずれもそこそこキャリアがある人なので彼の影はやはり薄い。
だがこの決勝をきっかけに「協会の吉田といえば航平」と呼ばれる時代が数年後来る!、、、かもしれない。
彼に興味ある人はツイッターのフォローを推奨。これ見る限り結構面白そうな男ですw
https://twitter.com/beerboy813 


●No3
・名前:矢島亨
・デビュー:6期後期
・所属:Aリーグ
 ・主なキャリア:第15期日本オープン、 第12期 雀王戦2位、 第40期 王位戦2位 等
・その他:
いわずと知れたAリーガー。その腕は確かであり実績面では今回のトップは彼だろう。
そして現雀竜位江崎の麻雀の師とも言っても過言ではない男。今回の決定戦は師弟対決といっても過言じゃないかもしれない。
ちなみに若々しい見た目をしているが年はすでに40、スキンケアをはじめとしたあらゆる美容をおこたらないアンチエイジングの鬼としても有名。
しかし時たま出てくるどうしようもない昭和世代の親父ギャグはその年齢を感じさせる。
大体の人は最初そのギャップに戸惑うらしい。僕はもう慣れたがw

●No4
・名前:坪川義昭
・デビュー:5期前期
・所属:B1リーグ
 ・主なキャリア:第16期 雀竜位戦3位
 ・その他:
彼については以前書いたこの記事も参考に。
http://susumutakenaka.blogspot.jp/2017/03/7_20.html


2年連続の決定戦進出。
そして昨年同様に決勝メンバー中最長のキャリアを持つ彼、勝利にかける思いは強いだろう。(僕も正直に一番応援している)

去年も書いたが彼は協会屈指のドルオタである。
そして嫁の三添りんも旦那の影響で今やすっかりドルオタになっているのは有名。
んでちょっと前に彼と久々に酒を飲んだときに「推しグループの総選挙で夫婦共同購入した投票権(数十枚)をどのメンバーに何枚ずつ振り分けるか、で嫁と揉めた」という極めてどうでもいい話を聞かされた。
、、、平和な夫婦であるw

改めての展望。
去年のヨンスと同様、今年は吉田航平の情報がほとんどない。彼の存在が一つのポイントになるのは間違いないだろう。
実際に去年の決勝が好勝負になった要因はヨンスの高いスキルだったとも個人的には思う。
去年は坪川が決勝初進出だった懸念もあったが今年はそれもない。
やはりどのような決勝になるかのキーは彼が握る部分が大きい。

高打点思考の江崎、
その師ともいえる矢島も無論高打点派というべきスタイル、
結構派手な殴り合いになりそうな感はある。
坪川は比較的バランス派、そこに吉田がどのようなスタイルで参戦するかで戦況も変わる部分が出るだろう。

さてどのような決勝になるのか。
2/2(土)
2/9(土)
2/17(日)
にてスリアロチャンネルで放送されるので是非是非ご視聴ください!

こちらの記事はhttp://susumutakenaka.blogspot.com/2019/01/17.htmlより引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。