日本オープンで負けたときあるある(某池崎風)}

3着、1着、2着、ときて迎えた4回戦

東2局南家 5巡目にていきなりこんな聴牌
二二二七七七⑧⑧⑧2377 ドラ 2
この巡目にして安目6400の両面聴牌。
無論ダマ。
まあこれがもしもタンヤオもドラも無ければ場況次第じゃリーチも考えるが・・・

とか思ってたら次々巡あっさり7引いてドラの2切ってスッタン聴牌
二二二七七七⑧⑧⑧3777 ドラ 2
となった直後、
さきほどまで8000の和了牌だった4を東家が切る。
そしてその次巡に引かされた③を切ると北家から「ロン8000」とか言われる。
・・・仕方ないことなのだが、「だったら四暗刻になんかなってくれるなよ」である。
なってしまったからにはもう人として打点4倍のタンキに受けるが、それでアガリ率激減するのは自明の理、「32000になりゃうれしいけど、アガリ逃す確率高くなりそうだからその前にさっと上がらして欲しいといえば欲しい」
これはまさにスッタンの宿命みたいなもの。



そして3着、1着、2着、3着ときて迎えた5回戦
ここでトップだとだいぶ通過が現実的、というところ。
南2局時点で点数こんな感じ
東家 29000
南家(私) 42000
西家 23000
北家 5000
中盤に西家のリーチを受けてたところで既に聴牌
一一一二三四五六八九789 ドラ 6
まあこれがもっと点数つまってる序盤だったらリーチしてたが、この点数なら当然のダマ。そしてリーチに西家は四を切っている。つまりオリも問題ない形!
2巡後に引いた無筋の⑥でもう無理せずに一を切っておりる。
すると次巡にすぐ⑥を再度重ねて聴牌復活!パーフェクト!
一一二三四五六八九⑥⑥789 ドラ 6
そしてもう一度一を切るとなんと勝負気配0だった東家から「ロン 12000」の声
二三456667788⑨⑨ ロン 一 ドラ6
一気にトップ陥落。だったら西家のリーチに打ったほうがマシだった・・・・・・




そして迎えた最終戦。
基本はトップ条件。でも2着でも場合によっては通過できるケースもあるかも、の局面。
そして以下の点数で迎えた南2局
東家 9000
南家(私) 35000
西家 26000
北家 30000
ここは是非とも流したい、
、、、とか思ってたら親が4巡目リーチでツモ・チートイドラドラで6000オールとかいう犯罪手が飛び出す。
その後もなんやかんやでこの半荘は3着終了。
そして結果見たら、2着だったらほぼ通過が出来ていたというオチ




というわけで負けました。
やっぱ惜敗ってストレスたまる。自分のミスが特に露骨に敗因になる点も含めて・・・
終わった後、
スリアロ放送の前にあまりにもお腹がすいていた+イライラしていた。
んで対局会場のニュー新橋ビルにてチャーハン王という看板が目に飛び込んで衝動的に入った。

うまかったです。
この日の対局であった唯一の収穫はこの店w


チャーハン自体はまあ無難に美味しいくらいだったのですが、
つけあわせの鶏がらスープがとにかくチャーハンと相性がいい。
店も食べ方として
①チャーハンを食べる
②スープを飲む
③チャーハンを食べながらスープを口に含む
として味のバリエーションを楽しみながら食べるのをすすめており、これが良し。
そして
④チャーハン専用ソースをかけて食べる(ソースというよりは漬けダレ)
⑤さらにソースをかけたチャーハンを食べながらスープを口に含む
とその後もあって、これがとにかくよかった。

マスターズ予選のときにまた行くかな!
ニュー新橋ビルで対局する人にはおすすめしときます!
というわけで今年度の対局全て終了。
来年度も頑張ります。
んで終わった後はスリアロ村でした。
なんというかねー、
放送でも言ったとおりまさに前回記事で書いた「バランスゲームの最適解」ってヤツを考えさせられるゲームだった。
人狼難しい。
でも全国の方々と人狼をするという貴重な経験、僕としても非常に楽しかったです^^
まだ見てない人はTSを是非。

Fresh!https://freshlive.tv/jinrou-ch/191004

ニコ生 http://live.nicovideo.jp/watch/lv311032393

こちらの記事はhttp://susumutakenaka.blogspot.com/2018/03/blog-post_12.htmlより引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。