山陽オートレース G1スピード王連覇鈴木圭一郎の5日間}

オートレースがない日はヒマですね。

ヒマなので、先日の山陽オートースのスピード王決定戦で優勝した鈴木圭一郎選手の5日間を振り返ってみました。

レース映像を見直して、やっぱり強いです。どんなレースを見せたのか、読んでみてください。


山陽オートレース G1スピード王連覇鈴木圭一郎の5日間

山陽オートレーススピード王1日目

好スタートから1周目のバックストレートでは5番手。速攻パターンで勝負ありと思ったが、前の車が重なって進めません。同時に外から滝下隼平選手が顔を見せたのでインコースを丁寧に周りながら順位を上げていきました。勝負どころでは、外にコースを移し一気に加速し1着。冷静に展開を読み取り、見事なさばきをみせました。

山陽オートレーススピード王2日目

初日のスタートと同じくらいの良いスタート。2コーナーの立ち上がりで狭い内側のコースをつこうとして、完全に前が塞がり車速を落とします。そのスキに内にいた鐘ヶ江将平選手が1周目は先行しました。残り4周回の4コーナーで鐘ヶ江将平選手をうまくさばき、その後は、差の開いた前の車を1車ずつさばいて1着

山陽オートレーススピード王3日目準々決勝

この日もかましスタートを決めて1周バックでは4番手。序盤から速攻態勢が整いました。同ハンで先行した別府敬剛選手を直線で捕らえ、捕らえた直後の1コーナーから2コーナーにかけては、別府敬剛選手の内側をスムーズに周りさばいて抜き切りました。残り2周で先頭にたち、他車を大きく離しての1着ゴール。

山陽オートレーススピード王4日目準決勝

鈴木圭一郎選手は4日連続の8号車。スタートで20の同ハン5車を全て抜いたに見えたが、バックストレートで佐々木啓選手が凄く伸びて先行されます。(この日の同ハンは、スタートが速い選手は前田淳選手だけでした。しかし、佐々木啓選手が凄いスタートを見せた)展開は、佐々木啓選手が先行する形になり、鈴木圭一郎選手が後を追った。最終コーナーにさしかかる前の段階では、前を走る佐々木啓選手とある程度の差があったので、ほとんどの人が佐々木啓選手の勝ちと思ったでことしょう。少し流れた佐々木啓選手の内側をチョイ差しどころか、1車分抜ききり1着

山陽オートレーススピード王5日目優勝戦

山陽優勝戦:スタートは、同ハンスタート巧者の岩崎亮一選手が先に行き序盤は4番手。前を走る選手のコースがみんな同じだったので車速を上げることができず、逆に6番手まで順位を落とす苦しい展開になりました。その後も前5車が外コースを重なるように走っていたので、前をさばくことができません。

しかし、ここからが凄かった。残り4周から鈴木圭一郎選手が動きます。誰も走っていなかったインコースに走るコースを変え、4周目のたった1周で一気に4車を抜きました。その後は、後ろを大きく離して優勝しました。

さいごに

見事な完全優勝とスピード王連覇、鈴木圭一郎選手の5日間みなさんはどのように見えたのでしょうか。

自分は、走りを見てまだまだ強くなる選手のように見えました。

最終日ずっと外コースがきいていたのに、雨の降り止みでインコースが使える走路に変化していた。

勝負にかけたインコースで4車を抜き切り、運も味方しました。

なんといっても多くのお客さんの期待に応えた走り、素晴らしいレーサーでした。

こちらの記事はhttps://autorace-happy.com/no-1suzukikeiitiro/より引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。