ボクシング「黄金の中量級」の4人を第17期雀王決定戦のメンツに例えた記事}

ボクシングというスポーツはミドル級が全階級で一番過酷と言われている。
※ちなみにミドル(中間)という名称なのに17階級中5番目に重い階級。この理由が気になる人はググってね

理由は世界的に多くの人間、特にボクシングが盛んな欧米出身者がこの階級に適した骨格と身長を持つためであり、
その競争率の高さと体格的な問題から「日本人には絶対に攻略不可能」とも言われていた階級であった。
実際に日本国内ボクシング(JBC)では2009年までこのミドル級が最重量階級だったりもした。(これ以上の階級は適正体重の選手がほとんどいなかった為)

1990年代の竹原慎二、
そして近年にオリンピック金メダリストでもある村田諒太がこの中量級にて世界チャンピオンになったのは日本のボクシング史上に残る偉大な記録である。



さてそんな激戦区の中量級には無論ボクシング史上に名を残す人気選手が多い。
近年だと長年無敗を誇ってきたゲンナジー・ゴロフキン、それを破ったアメリカのスター選手サウル・アルバレスが有名だが、
1980年代には「黄金の中量級」と呼ばれ絶大な人気を誇った4人の選手がいた。

4人が4人ともボクシング史上に名を遺す偉大な名選手であり、
しかも4人それぞれが個性的なファイトスタイルを持ち、
勿論お互いの対戦カードも複数回あり、
今でも語られている伝説的存在である。

んでだ、
ちょうど4人じゃないですか。
麻雀の人数と同じなんですよ。

前からどっかの決勝で、
この4人を紹介しつつ各選手に照らし合わせる記事が書けないかなあ、とか思っていたのだが、どうもしっくりするケースが少なかった中、
来月から開始となる第17期雀王決定戦の4人はそれなりにしっくりくる気がする。

という事で黄金の中量級ファンがいたらちょっと怒られるかもしれないが、
以下その伝説の4名のボクサーを今期雀王決定戦進出者4名に重ねてちょっと紹介した記事を書きたいと思う。


①石の拳 ロベルト・デュラン 

「Hands of Stone」と称された誰もまねできない重く野性的なパンチで数々のKOを築いた名王者。
4人の中でもっとも多くの試合(100戦以上)をこなし名勝負を繰り広げた事でも知られている。
ちなみにデビューしたライト級時代のやせていた頃、そして増量後のミドル級時代、そして現在にて風貌がどんどん変化している事でも有名。
その個性的かつ野性的な麻雀スタイルや風貌の経緯(というか体重の経緯)がちょっと今回だと金太賢に似ている、気がする。



②ミスターパーフェクト マーベラス・マービン・ハグラー

あらゆるテクニックと強打、試合運びの巧さ、強靭なメンタルを備え、「ミスター・パーフェクト」と呼ばれた名王者。
4人の中でも総合力ではNo1の強さという呼び声は今でも高い。
今回の中だとまさに仲林圭がそれにあたると思われる。

ちなみに彼は他3人のような派手な言動は好まず、現役時代は酒や煙草はもちろん菓子やコーヒーすら口にしない修行僧のような生活を送った事で有名である。
この私生活の面については残念ながら仲林とは全く似ていない。



③拳聖 シュガー・レイ・レナード

デビュー直後からモハメド・アリの後継者として絶大な人気を獲得し活躍した名選手。
特にそのスピードと天性の防御テクニックで知られている。

今回の中だとデビュー直後に王位戦を優勝しそれ以来活躍を続けてきた宮崎和樹が雀風的にもそれをちょっとそれを彷彿とさせる。

そして現役時代の彼は4人の中でも特にビッグマウスとして知られていた。
この点も言わんでよい事まで言ってしまう事がある宮崎に似ている気がするw



④ヒットマン トーマス・ハーンズ

左腕をだらりと下げたデトロイトスタイル(ヒットマンスタイル)から放つフリッカージャブと正確な強打、マシンガンのように繰り出すラッシュで1980年代のボクシング・シーンを席巻した名選手。
漫画「はじめの一歩」の間柴のモデルとしても有名である。

面長な風貌がどこかしら下石戟に似ている気がしないでもない。(消去法で下石がここに入った気がしないでもないがそこは触れないで欲しい



というわけでいかがでしたでしょうか?
黄金の中量級の試合、Youtubeで落ちてる動画もあると思うので気になる人は探してみるのもいいと思います。
そして10/13(土)から始まる雀王決定戦、今回書いた4人の熱い戦い。
こちらも是非ごらんください!僕もこの初日解説予定ですので是非是非!
なお本記事に対する苦情は特に受け付けません。
僕のにわかボクシング知識と勝手な見解で書いてますので。
ただ本人からのみ一応受け付けます。金・仲林・宮崎・下石、勝手に書いてごめんよw
【おまけ】
今まで書いた各選手についての記事。そういえば宮崎だけ触れた事なかった。
個人的な思い出は結構あるので後日ちょい書いてみるかな。
いや、下石の記事も下石について特に書いてないけどw

●金太賢
http://susumutakenaka.blogspot.com/2017/11/16.html



●仲林圭
http://susumutakenaka.blogspot.com/2017/06/8.html



●宮崎和樹
※いまのとこ無

●下石戟
http://susumutakenaka.blogspot.com/2017/01/blog-post_3.html

こちらの記事はhttp://susumutakenaka.blogspot.com/2018/09/417.htmlより引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。