ああ正月休み、ちょっと終わらないでもっとまだまだベイビー}

明日1/5(金)からいよいよ2018年の仕事がはじまる。
・・・まあこの日終わると3連休だから実質的な本番は1/9(火)ともいえるがね。

ただこの3連休はほぼ予定がびっしりで、
まず1/6(土)と1/7(日)が雀竜位A級。
雀王戦と肩を並べる日本プロ麻雀協会の2大タイトル、
昨年9月から行われてきた16期もいよいよA級となった。

以前に以下日記でも書いたが、
改めて面子は以下16人である。
https://susumutakenaka.blogspot.jp/2017/12/2017201816.html



氏名 所属リーグ
2017/12/18現在
吉田 基成 B2
大浜 岳 C2
山崎 逸朗 C3
二見 大輔 -(不参加)
鹿 健太郎 B1
坪川 義昭 B1
斎藤 俊 C2
千貫 陽祐 B1
綱川 隆晃 B2
武中 真 C1
佐治 敏哲 C3
武中 進 B1
森 公隆 C3
蔵 美里 B1
小川 健太朗 D1
ヨンス D2

Aリーガーは不在。それを差し置いても大本命って特に居ないよね。今年。
言ってしまうなら小粒か(ry





A級初参戦は佐治、森、小川 、ヨンスの4名

個人的には森君が注目ですかね。
競技での実績はまだないけど、新宿の東風戦のメンバーをやってるとの事で腕は確かだろうし。
それ以上に競馬狂いとしての話をちょくちょく聞いております。
なんか1レースに○○万円ぶちこんで、その時の馬が出遅れたという伝説も持っている若き餓えた獅子、らしい。
そしてA級といえば吉田基成、大浜岳の雀竜A級の門番である2人もいます。
特に吉田基成は今回も制覇すれば雀竜位史上単独首位の3回目の戴冠、
今年のリーグ戦では屈辱的な降級を味わってるだけに、今回への思いは強いでしょう。

ただまあ個人的に本命をあげるとしたら、
今年のオータムCSも制覇し2冠を狙う綱川、
今期B1昇級を果たし上り調子の中悲願の初タイトルを狙う坪川、
あたりですかね。

あっ、そういや双子の兄こと武中真もいたの忘れてたw

まあ改めてですが、
協会は年間リーグって観点から考えると、
9月で雀王位が終わって、9月から雀竜位が始まる、
つまり雀竜位が終わると年間リーグはオフシーズンなんですね。
この時期にそれができるのは本当にごく一部の打ち手だけなわけで、
今年もそれが出来るのはやっぱり嬉しい。

勿論決勝は行きたいし、決勝以外はあんま興味ないと言っても過言じゃない。
思えば3年前の13期、9年ぶりのA級だったのだが、
その時にこんなツイートをした。




この年に「もう今年勝てなきゃこれまでかな・・」とか思ってたし、今年の心境もいろいろ合ってちょっとこの年に近い。

どうか結果も近くなりますように^^;

まあとりあえず、
まずは明日の仕事始めをがんばろ!(涙)

こちらの記事はhttp://susumutakenaka.blogspot.com/2018/01/blog-post.htmlより引用させて頂いております。情報の真偽につきましてはリンク先よりご確認ください。